ねこまたの日々の雑感を書き綴るだけのブログで、深い意味はありません。頂いたコメントに対してはお礼コメントではなく、訪問し返してコメントを残す形を取っています。駄文だらけの拙いブログですが、何か感じるものがあれば幸甚です。
2018年02月03日 (土) | 編集 |
さいたま市在住の男性が先月下旬、駄菓子「うまい棒」1万本を小学校に寄贈しました。1本10円として10万円にもなりますが、なぜ、こんなに大量にプレゼントすることになったのでしょうか?男性や校長に話を聞きました。
■段ボール17個が
1月22日朝、東京都墨田区にある区立錦糸小学校で開かれた全校朝会。
体育館の舞台の緞帳(どんちょう)が開くと、積み上げられた段ボール17箱が現れ、全校児童約250人から「キャー」「すごい」といった歓声が上がりました。
段ボールには定番駄菓子「うまい棒」がぎっしり1万本。児童たちから見えるように並べられており、味も12種類が取りそろえられていました。
 ・コーンポタージュ
 ・シュガーラスク
 ・ピザ
 ・やきとり
 ・チーズ
 ・めんたい
 ・とんかつソース
 ・エビマヨネーズ
 ・サラミ
 ・チキンカレー
 ・たこ焼
 ・牛タン
これらを寄贈したのは、さいたま市在住で、区内に本社がある東武鉄道に勤務する桐生大輔さん(41)。「子どもたちが喜んでくれて、本当によかったです」と振り返ります。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180131-00000004-withnews-sci
  ・
  ・
  ・

理由が知りたいが、
話したくない事情もありそうだね。
子供は大喜びだろうけど。
パンチ

応援よろしくお願いします

  




アフィリエイト・SEO対策






関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック