ねこまたの日々の雑感を書き綴るだけのブログで、深い意味はありません。頂いたコメントに対してはお礼コメントではなく、訪問し返してコメントを残す形を取っています。駄文だらけの拙いブログですが、何か感じるものがあれば幸甚です。
2018年02月28日 (水) | 編集 |
平昌五輪でカーリング女子は銅メダルという成績で終わりました。これは日本カーリング史上初の快挙ということです。「ヤーーーップ!」や「そだね?そだね?」や「おやつタイム」という流行語を生み出した彼女たちを、国民はさぞかし敬愛の眼差しで見ていると思いきや......。
カーリング女子 嫌い
Googleではなく、Twitterの検索窓に「カーリング女子」と入れると、次の単語候補にはなんと「嫌い」という言葉が出てくるではないですか!
「カーリング女子のおやつタイム? で食べてた者が売り切れ続出だとか そういうの本当に嫌い」
「カーリング女子嫌いなんやけど誰かわかってくれんの?」
「テレビでカーリング女子の試合がやってて音だけ聞いてたらしんだけど『なんかムカついて消した』と言ってた」
「体育会系団体競技系女子特有の、気の強い物言いとお互いの変に気を遣ってる感じが『めちゃ嫌い』」
「正直苦手...嘘。けっこう嫌い」
「よく見たら全然美形じゃないのに化粧やピアスで女子力必死に高めてやっとこ可愛い風にして過去五輪でメダル取った事ないのに私ら氷上のアイドルよ、みたいなカーリング女子が女(私)は嫌いです」
「カーリング女子のもぐもぐタイムてなに。ネイルしてスポーツしないで。カーリング女子のあの勘違い感、めっちゃ嫌い」
出るわ出るわ、罵詈雑言の嵐。アカウントをひとつひとつ確認してみましたが、書いているのはほぼ女性であることが判明(中にはネカマもいるかもですが)。どうやら、ある一定の層の女性にはカーリング女子の言動がカチンコチン来るみたいです。
http://tablo.jp/case/news002926.html
  ・
  ・
  ・

妬み根性も酷過ぎる。
こんな愚痴をいうぐらいなら、自分もカーリングを練習して、
オリンピックに出ればいいのにと、単純なねこまたは思うのです。
パンチ

応援よろしくお願いします

  




アフィリエイト・SEO対策






関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック