FC2ブログ
ねこまたの日々の雑感を書き綴るだけのブログで、深い意味はありません。頂いたコメントに対してはお礼コメントではなく、訪問し返してコメントを残す形を取っています。駄文だらけの拙いブログですが、何か感じるものがあれば幸甚です。
2018年09月01日 (土) | 編集 |
寿司を食べた韓国人男性が片腕を失ったとして、その事例が28日に発行されたアメリカの医学誌ニューイングランド・ジャーナル・オブ・メディスンに掲載された。
医学誌に掲載された事例によると、全羅北道全州出身の71歳の男性は現地韓国で生魚が乗っている寿司を食べたところ、12時間後に激しい痛みにより苦しめられ、左手が膨らんできたという。大きな水ぶくれとあざができはじめ、熱まで出て激しい痛みを伴った。我慢出来なくなり2日後大学病院に行き検査。
彼の手を見た医療スタッフは「水ぶくれが幅3.5センチ、高さが4.5センチで、ゴルフボールサイズで、手の甲と手の平にまで広がっていた。魚料理を食べビブリオ細菌によるビブリオ症(vibriosis)に感染した」と診断。
医療スタッフは、男性の手で水ぶくれを絞り、細菌に感染した細胞組織を除去した後、抗生物質を処方を下したが、治療は成功しなかった。手が腐り皮膚炎症が生じるほど悪化しており、最終的に手首から先と腕を切断することになった。
http://gogotsu.com/archives/42556
  ・
  ・
  ・

寿司が不衛生な食品と言う訳ではなく、
その寿司を提供したお店が不衛生だっただけの事。
どうも、寿司に対して悪いイメージに誘導しようとしている記事にしか見えないね。
はっ!
応援よろしくお願いします

  




アフィリエイト・SEO対策






関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック