FC2ブログ
ねこまたの日々の雑感を書き綴るだけのブログで、深い意味はありません。頂いたコメントに対してはお礼コメントではなく、訪問し返してコメントを残す形を取っています。駄文だらけの拙いブログですが、何か感じるものがあれば幸甚です。
2018年10月28日 (日) | 編集 |
安田純平氏をバッシングするヘタレ虫ども
武装集団に監禁されていた安田純平氏が3年ぶりに解放され、帰国したことで、また「自己責任論」でバッシングする知能低劣なネトウヨが繁殖しているらしい。
ジャーナリストは戦場に行くなとでも言うのか?自分の勇気のなさを反映した「自己責任論」で叩いてるだけの卑怯者は、国家存亡の危機に兵士になる覚悟もあるまい。武装組織に虐待された安田純平氏の体験は、やはり聞いてみなければ分からぬ壮絶な状態だった。ジャーナリストとしての貴重な体験を日本国民への土産として持ち帰ってくれたことになる。
安田氏は、身代金要求を無視せよというメッセージを出そうとしたことが見つかり、虐待され始めたらしい。ちゃんと覚悟は持っていた。武士のような人格ではないか。
それに比べてエセ保守・ネトウヨどもの情けないこと、「恐い恐い!恐いところに行くな!恐いところに行く奴は、俺さまの臆病さを刺激して、コンプレックスを感じるから嫌いなんだ!勇気のある奴は潰せ!権力の言いなりにならない奴は嫌いだ!俺さまは権力に従順にして、むしろ権力の側にピッタリ寄り添って、えらそうな顔をしていたいヘタレ虫なんだ!安倍政権に迷惑をかける奴は助けるな!」
国家は自国のパスポートを持っている国民を助ける義務がある。それが国民国家だ。
同時に左翼にも言うが、日本が他国の侵略を受けたときには、日本国民も武器を持って戦う義務があるのが、本来の社会契約論だ。エセ保守・ネトウヨもヘタレ。左翼・護憲派もヘタレ。国民の責務を果たす覚悟がない!安田純平氏はとにかく体力を回復させ、精神状態を安定させるために休んでほしいものだ。
https://yoshinori-kobayashi.com/16823/
  ・
  ・
  ・

今まで散々日本政府を批判してきた安田氏が、
日本政府に救出を頼む不甲斐ない、根性無しのどこに武士の気概があるというのだろうか。
武士は食わねど高楊枝という諺もあるように、
何のプライドも気概もないね。

二匹
応援よろしくお願いします

  




アフィリエイト・SEO対策






関連記事
スポンサーサイト


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック